本文へジャンプ

お客様の声

Vol.3 明るく開放的な3階建ての家

M3ハウスにお住まいのご家族に、ご購入にいたったいきさつ、実際にお住まいになった感想、
住まいと家族に対する思いについてお伺いしました。

オーナー

千葉県松戸市 S邸

家族構成 ご夫婦2人
居住年数 0.2年

- Sさまの家について

  • 敷地面積 : 85.62m²(25.90坪)
  • 総床面積 : 103.45m²(31.29坪)
  • 用途地域 : 準工業地域
  • 建ぺい率 : 60%
  • 容積率 : 200%
  • 構造 : 木造3階建

セミオーダースタイルで建てたM3ハウス

松戸市郊外、広い通りから少し奥まった住宅地の一角。ここに、今年の夏に完成したばかりのM3ハウスがある。ブラック&ホワイトのモダンな外観と、木の温かさを感じる塀が印象的なSさま邸だ。この家に暮らすSさんご夫妻は、7月に入籍されたばかりの新婚さん。敷地の右隣にはご主人のご両親が暮らしている。実は、この土地に元々あった古い住宅を昨年末に解体。建築家の河野氏の設計でM3ハウスの着工が進められていた。タイミングよくその話をご両親から聞き、M3ハウスのデザインを大いに気に入り購入へ。その後、二人は河野氏とじっくりと話し合い、M3ハウスのベースプランに自分たちの要望を加えていった。つまり、セミオーダースタイルによってこの新築住宅は完成したのだ。

明るく開放的なインテリア空間

さっそくスタイリッシュな住まいを見せていただいた。玄関を入った1階は、明るく開放的なLDKが広がっていた。M3ハウスならではの吹き抜け空間や、高い位置に配置された縦長の窓に目がいく。天井に設置されたシーリングファンが、室内の空気を循環させていた。白い壁とやさしい色合いのフローリングが美しい。もちろん床暖房システムだ。対面カウンター式のキッチンは、奥様の要望で、広めのシンクやIHコンロなどを組み込み、より使いやすい仕様に。食卓テーブルや椅子などの家具選びにも、ご夫妻のセンスを感じる。ご主人はサーフィン、自転車、山登りなど多趣味なため、室内外に自転車が置かれ、屋外にはウェットスーツが見える。「ウッドデッキは、将来子供の遊び場にしたい」と笑顔で話す。

HOUSE

上階にも魅力的な空間が広がる

2階の中央部は、ラグの上に低めのテーブルが置かれたDEN。「壁側に本棚を置いて書斎にしたい」とお考えだ。DENの右はベッドルーム。使い勝手のよいウォーキングクローゼットの手前はサーフィンボードの収納場所で、6枚のボードが並んでいた。左側にはパソコンが置かれた部屋があったが、ここは子供部屋にする予定だという。3階へ上がるともう一つ、第2リビングとも呼べそうな部屋がある。壁一面に収納を設け、その反対側は一面窓になっている。夜になると高架の上を走る常磐線が、さながら銀河鉄道のように見えるなかなかの景観だとか。Sさま邸の空間内はどこも、幸せな新婚家庭ならではの充足感につつまれていた。

Sさまのお気に入りポイント

  • モダンで落ち着いた外観
    モダンで落ち着いた外観
  • 料理が楽しくなるキッチン
    こだわりのキッチン
    (一部オプションあり)
  • 明るく開放的な吹き抜け
    明るく開放的な吹き抜け
  • サーフボードの置き場を確保したベッドルーム
    サーフボードの置き場を
    確保したベッドルーム
  • 壁面収納ですっきり
    壁面収納ですっきり

山一ハウス 担当者のコメント

Sさま邸は、もともと弊社にて中古戸建物件として販売していたのですが、M3ハウスの新築物件として販売することになり、解体を進めるなかでSさまよりご連絡を頂いたのがご縁のはじまりでした。早速お時間を頂戴し、M3ハウスのコンセプトをご説明する中でご興味をお持ち頂けましたので、これまでのM3ハウスの物件をご覧頂いたり、建築家の河野さんとお話頂く機会を設けることで、スムーズにご契約に至ることができました。今回は設計プランの途中でお申込みを頂くことができたので、Sさまご夫婦(当時はご婚約中でしたが。。)のご要望なども取り入れながら、使い勝手の良い、ご満足度の高い物件としてお引き渡すことができました。

担当:西本

Special Contents

  • M3ハウスの実績